オフショア金融事業 Offshore タックスヘイブン Tax heven Govereign financial





〜オフショア金融事業ライセンス研究委員会とは〜

オフショア金融事業ライセンス研究委員会とは?日本国内では資産があっても規制上難しい
特定の金融事業、銀行(商業銀行・投資銀行)、ヘッジファンド(第1・2種金融商品取引業など)を
始め、日本国内では事実上運営が不可能な、カジノ会社などを海外で持ち、その金融スキームを
生かす方法を考えるために設立されました。

リンク済み広告(リンク先は当社ではありません)

*リンク先の情報およびその他信用等を、当サイトは保証いたしません.

〜このスキームをどう生かすか?〜

 では、なぜ上記のようなオフショア金融事業の推進を計ろうとするのか?今後、日本を始め
先進国は人口の、自然減>自然増という環境が既定路線であり、そこから導き出される方向性は
労働人口の減少により、従来の産業構造で利益の増大を図ろうとしても難しい環境となります。

 つまり、労働人口の減少は・・・ひいては消費・購買力の低下に直結します。

 では、どう考えるか?従来のような産業構造では、人口の増加に伴い消費・購買力の向上という
いわゆる、拡大の路線でしか方向性はありません。

 しかし、金融事業では拡大の方向で利益を上げるパターンもあれば、縮小の方向で利益を上げる
パターンも存在します。中には拡大と縮小の両方の方向性から利益を上げるアイデアも存在
します。そう考えますと、単に商売としての利用方法もあれば、リスク管理のツールとして生かす
方法、資産の守りを考える方法という事も考えられます。

 日本国内で、単独では考えられないようなスキームやツールとしての利用価値も存在します。
日本国 内のドメスティックな常識に縛られるのではなくグローバルな視点で、より幅広く資産や
資金の スキームを使用する
ことにより、豊かな会社形成や人生設計に役立てることを、第1に
考えてい ます。