オフショア金融事業 Offshore タックスヘイブン Tax heven Govereign financial





〜オフショア銀行設立準備委員会〜

現在、日本の将来を過度に悲観し海外の銀行 に口座を開設する方が増えました。しかし流行に
乗ったつもりで開設した口座など、果たしてうまく活用することが出来るでしょうか?日本人は
英語が
使えないなどの理由で、オフショアに口座を持ったとしても十分 にその機能を生かせずに
ほとんどを休眠
口座にしてことが多く、開設したはいいが結局はお金や 作成した口座を、無駄にして
しまうことがほとんどだと
思います。


そこで私は今までの相場で培った運用と いう技術をもって、仲間とオフショアバンクひいては様々な

サービスのできるプライベートバンクを 海外に設立したいと考えています。もしこれが現実のものと

なれば外国人の理念で作られた銀行では なく、日本人の理念で作られた日本国外の銀行という

ものが出来上がります。


日本の銀行はすでに、かなりの外資を買 収や増資で引き受けてしまったため、外資の考えを含んで

しまい、銀行という概念的には日本の銀 行でありながら、すでに日本人の理念で動いていないと

思います。つまりどういうことか?その あたりは、私がなぜ相場の世界から更に一歩進んでこの

ようなものを設立しようかと、考えるに いたったか核心に触れる概念の部分です。



 

〜外資を含んだ銀行家?自国のための銀行家?〜

外資を含んだ銀行の考え方?自国のための銀行家の考え方?外資を含んだ銀行家の考え方は
通貨自体をどう扱うか?その考えにより国際金融資本の移動という考えが付きまといます。
つまり日本国内にあったとしても、外資を含んだ銀行は常に他国建て通貨と自国建て通貨の
考え方により、国際的な資本の移動というものを常に意識しています。

日本国内にある日本の銀行であったとしても、日本国内から見た場合の視点なのか?日本の外
から見た視点なのか?その辺りを日本人はもっと意識し、誰のための利益増大を図る銀行家
なのかを考えた上で行動し、自分達の資金を守り、利用し国際的にも豊かな自国を築かなければ
この先の人口減による産業構造の変化⇒「日本国内の富の四散」には対処できないと考えます。

免責事項 内容には万全を 期すよう努力しますが、このサイトを使用することによって

直接的・間接的に生じた、いかなる不利 益・損害・トラブルに関しサイト管理者は一切

責任を負いません。ご同意の上でご利用 下さい。  サイト管理者